無利息ローンのプロミス

プロミスでお金を借りる方法

プロミスでは現在大きく4つのサービスが展開されています。

 

まずひとつめがベーシックなキャッシングプランである「フリーキャッシング」。上限金額300万円のなかで、契約金に対し日割りの利息がつくキャッシングです。
利息が自分で日割り計算できるので、返済額が契約者にわかりやすいのがメリットです。

 

二つ目が「おまとめローン」。他金融機関のローンをプロミスで一括返済するサービスです。複数の消費者金融にローンを抱えている場合、例えば4社に月々1万の返済だと毎月4万の返済ということになります。
しかしこれをプロミスでまとめてしまえば月々の返済額もぐっと抑えることが可能です。

 

続いて「自営者カードローン」。プロミスの使用用途は原則生計費に限られていますが、個人事業主に限り事業費としての借入が可能です。
それとはまた別にこのサービスでは私用費としての融資が受けられます。

 

最後が「目的ローン」。こちらは人生設計のなかで必要となってくる高額資金向けのローンです。例えば教育費や結婚資金などです。
人生のビッグイベントやお子様の教育費を計画的にローンで賄い、無理なく返済していくことができます。

 

以上がプロミスの展開している主なキャッシングのプランになります。
ここに記載している以外にも、会員限定の便利プランもあります。もちろんキャッシングビギナーに向けた初回限定のうれしい特典、女性専用のダイヤルを設けるなど女性に嬉しいサービスなどもあります。一度公式ホームーページを御覧ください。

キャッシング会社の比較

 

キャッシング会社

実質年率

限度額

無利息期間

プロミス

6.3%〜17.8%

1万円〜300万円

アコム

4.7%〜18.0%

500万円

三菱東京UFJ銀行

4.6%〜14.6%

10〜500万円

×

 

モビット

4.8%〜18.0%

1万円〜500万円

×

 

オリックス銀行

3.0%〜17.8%;

最大1,000万円

×

 

楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5%;

500万円

×

 

審査を早く通過するために

融資を素早く受けるためには、審査を早く通過する必要があります。そのためにはまず自分の収入や借入状況、これまでの融資履歴を把握してみましょう。

 

プロミスで融資を受ける場合、簡易融資診断のようなフォームで現在の自分が融資を受けることは可能かを、チェックすることができます。

 

そこで入力する項目は、生年月日、年収、現在の借入残高です。生年月日は融資年齢制限に引っかかるかどうかを見るだけなので、特に留意する必要はないでしょう。

 

注目すべきは年収と借入残高です。

 

プロミス側で明確に基準を一般リリースはしていないのですが、プロミスを含め他社などでも借入があり、その残高が年収の何%占めるかが重要なようです。
仮に年収350万の人が、借入200万円あると融資を受けることが厳しいでしょう。だいたい1/3の借入から引っかかると言われています。

 

他にも実際融資を申込めば正式審査が待っています。ここでは勤務状況などが細かく見られます。基本的に定職について安定した収入があれば問題ありませんが、自営業の方々は安定した収入があるかをきちんと証明する必要があります。

 

また消費者金融各社は第3者機関から個人の融資状況をリサーチすることができます。

 

これがいわゆるブラックリストと呼ばれるもので、ここでかつて滞納や返済遅延があった場合は目をつけられることになり、それがあまりにもひどい場合、融資を受けることができなくなります。
素早く融資を受けるにはまず自分の収入や、融資履歴をきちんと把握することが重要です。

フリーキャッシング

プロミスのメインサービスとなっているのが「フリーキャッシング」です。担保や保証人なしで融資を受けることができます。
審査に向けても、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出すればその場ですぐ審査に入れます。

 

審査で問題なければ即融資を受けることができます。またインターネットからWEB申込みを利用すると、本人確認書類も原紙のスキャンや、スマートフォンのカメラ撮影をメール添付で送信するだけで受領してもらうことができます。

 

フリーキャッシングの特長は、契約時に確定する契約可能額のなかであれば、自由に出し入れすることができるリボルビングシステムです。

 

利息に関しても日割りで加算されていき、融資を受けた日と返済額から自分で計算して算出することができるので、安心して返済日を迎えることができます。例えば、翌日返済であれば利息分は1日分。7日後に返済すれば7日分の利息が加算される計算になります。

 

フリーキャッシングの商品概要としては、融資限度額は300万。これは他社もほとんど300万に設定しているところが多いですね。このなかで契約額は、契約者の返済可能額を鑑みてプロミス側で設定されます。申込みができる年齢制限は、20歳以上69歳以下となっています。

 

なお20歳以上でアルバイトなどの定期的な収入に見込める状況にあれば、学生のなかで融資を受けることができます。資金の使い道は生活費などの生計費に限られますが、個人事業主に関しては事業費としてのキャッシングも可能です。
フリーキャッシングは気軽に融資を受けられるプロミスのメインサービスです。皆さんももし急な入り用の際は是非一度チェックしてみてください。